◇◆◇沿革◇◆◇

 
1963年
2月
貴島内科開設 病床8床
 
1965年
 5月
名称を貴島中央病院に変更 病床25床
 
7月
基準寝具承認
 
1966年
 2月
病床60床に増床
 
5月
基準給食承認
 
1969年
12月
糖尿病教室開始
 
1971年
 3月
糖尿病患者会「若草会」発足 毎年総会
 
1977年
 8月
本館竣工 病床126床に増床
 
1987年
 8月
全身CTスキャン設置
 
1990年
 5月
本館4階に心血管造影室を増設
 
1991年
 7月
名誉院長に貴島康彦、新院長に貴島範彦が就任
 
12月
貴島中央病院の3理念確定
 
 
1992年
 6月
基準病衣承認
 
9月
適時適温給食(特別管理)承認 総合案内開始
 
 
1993年
 5月
貴島中央病院友の会発足 毎年総会
 
 
1994年
 1月
基本看護承認(4対1看護)
 
10月
新看護体系に移行(3.5対1看護、8対1看護補助者)
 
MRI装置設置
 
 
1995年
 6月
新看護体系、3対1看護、B加算、8対1看護補助者に移行
 
シャワー式介護入浴システムベッド新設
 
 
1996年
 6月
新看護体系、3対1看護、B加算、6対1看護補助者に移行
 
医療法人貴医会設立(貴島範彦、理事長兼院長に就任)
 
9月
医療法人貴医会貴島中央病院開設
 
10月
院内感染防止の施設基準届出
 
 
1997年
 1月
FCR(デジタルX線画像診断システム)設置 新救急車購入
 
5月
駐車場本館西側確保(合計64台駐車可)
 
10月
新ヘリカルCTスキャナー(全身用)設置
 
 
1998年
 4月
新施設基準届出〔ペースメーカー移植術
 
大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
 
経皮的冠動脈形成術、経皮的冠動脈ステント留置術〕
 
 
1999年
 2月
インターネットホームページ開設
 
3月
新血液自動分析装置設置
 
「八尾市人間ドック指定病院」に指定
 
新電子内視鏡設置
 
4月
ホールに喫煙分煙器設置
 
7月
夜診5時開始、バス送迎開始
 
11月
「薬剤管理指導」の施設基準届出承認
 
 
2000年
 2月
日本循環器学会専門医学会より、「循環器専門医研修施設」認定される
 
3月
消防表彰受賞(大阪府知事表彰)
 
9月
開放型病院届出承認
 
10月
診療科目変更届提出 アレルギー科、リウマチ科新設、小児科削除
 
12月
献血感謝のつどいにて「銀色有功賞」受賞
 
 
2001年
 5月
貴島康彦会長逝去、葬儀、告別式
 
11月
病院機能評価受審研修会
 
12月
「貴島中央病院患者接遇」全職員に配布、研修
 
新給食施設竣工
 
 
2002年
 3月
旧給食施設リハビリ科に改造、届出
 
5月
新リハビリテーション科完成、移転
 
6月
理学療法(U)の施設基準届出承認
 
8月
新給食配膳車4台購入決定
 
9月
医療安全管理体制・褥瘡対策施設基準届出
 
12月
「理念」「患者憲章」、目標等、玄関、廊下、全職場に掲示
 
 
2003年
 1月
医薬分業開始
 
日本医療機能評価機構訪問審査受審
 
2月
病院創立40周年記念
 
3月
デジタル心血管造影装置に更新
 
4月
院内喫煙全面禁止開始
 
8月
第4次医療法改訂に伴う病床の届出「一般病床」で申請
 
9月
「大阪府指定肝炎協力医療機関」として広告可の認定
 
 
2004年
 4月
産業廃棄物最終処理場視察・確認・行動
 
特定手術に係る100分の100算定施設基準届出
 
ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術(電池交換を含む)
 
◇経皮的カテーテル心筋焼灼術
 
◇肝切除術等
 
◇人工関節置換術
 
経皮的冠動脈血栓切除術及び経皮的冠動脈ステント留置術
 
◇大動脈バルーン法(IABP法)
 
6月
日本医療機能評価機構 認定
 
10月
エレベーターリニューアル工事完了
 
11月
日本医療機能評価機構新評価体系Ver-5の内容を基本方向で取組開始
 
 
2006年
 4月
一般病棟入院基本料 15対1看護
 
7月
看護補助者  6対1
 
8月
病院敷地内禁煙実施
 
禁煙外来開始(ニコチン依存症管理料の施設基準届出)
 
 
2007年
 7月
病診連携室・病歴資料室新設
 
11月
特定健診・特定保健指導、保健医療機関届出
 
 
2009年
 7月
日本医療機能評価機構 Ver.5認定
 
9月
マルチスライスヘリカルCT8列導入
 
PACS(医用画像保管伝送システム)導入
 
 
2010年
 6月
運動器リハビリテーション料(T)施設基準届出承認
 
脳血管疾患等リハビリテーション料(U)施設基準届出承認
 
2013年
 2月
50周年式典
▲このページのトップへ